白鬚橋の思い出の巻

白鬚橋の思い出の巻

「明日新居に邪魔するからな!」両さんは、中川とともに金次郎の新居を訪問。金次郎が子供の頃、白髭橋のたもとで迷子になっていた時に駆け付けてくれた兄の思い出を語るが、真相は違っており…。

※漫画は「こち亀 公式連載アプリ」をインストールすることで読むことができます。バナータップでアプリが起動します。アプリがインストールされていない場合、App StoreまたはGoogle Play ストアのアプリページが開きますので、インストール後にお楽しみください。