柴又の思い出の巻

柴又の思い出の巻

「わしの親戚の家がこの近くにあるんだ」柴又を見たいという麗子を案内する両さん。偶然、惣菜屋を営む親戚に会った両さんは、麗子と一緒にお店を手伝うものの、勝手に大安売りを始め…。

※漫画は「こち亀 公式連載アプリ」をインストールすることで読むことができます。バナータップでアプリが起動します。アプリがインストールされていない場合、App StoreまたはGoogle Play ストアのアプリページが開きますので、インストール後にお楽しみください。