嗚呼、愛しのF40の巻

嗚呼、愛しのF40の巻

「あの新しいヘラーリのことかい?よかんべ!」中川は車雑誌の編集者や両さんを連れて、知り合いで初期型のフェラーリF40の持ち主、田吾作を訪ねる。だが彼はとんでもないカーマニアだった。

※漫画は「こち亀 公式連載アプリ」をインストールすることで読むことができます。バナータップでアプリが起動します。アプリがインストールされていない場合、App StoreまたはGoogle Play ストアのアプリページが開きますので、インストール後にお楽しみください。