文豪・両津勘吉先生の巻

文豪・両津勘吉先生の巻

「ぜひ両津さんに執筆をお願いしたいのです」社内報の俳句が有名出版社の編集の目に止まり、作家デビューすることになった両さん。あまりにも破天荒な作風がウケ、大ヒット作家になるが…?

※漫画は「こち亀 公式連載アプリ」をインストールすることで読むことができます。バナータップでアプリが起動します。アプリがインストールされていない場合、App StoreまたはGoogle Play ストアのアプリページが開きますので、インストール後にお楽しみください。