はつめい博士の巻

はつめい博士の巻

「何か考えたら特許取れるかな…」発明研究所の所長から特許について教えられ、一獲千金を夢見る両さん。毎日発明品を作って所長に見せに行くが、出願レベルの発明品が思いつかず、苦悩する。

※漫画は「こち亀 公式連載アプリ」をインストールすることで読むことができます。バナータップでアプリが起動します。アプリがインストールされていない場合、App StoreまたはGoogle Play ストアのアプリページが開きますので、インストール後にお楽しみください。