わが青春の桜田門の巻

わが青春の桜田門の巻

「あの茶色の風格ある姿がなつかしいよ」部長は、今は亡き桜田門の旧庁舎に関する思い出を語る。それを聞いた両さんは、部長へのクリスマス・プレゼントとして旧庁舎を再建することを思いつく。

※漫画は「こち亀 公式連載アプリ」をインストールすることで読むことができます。バナータップでアプリが起動します。アプリがインストールされていない場合、App StoreまたはGoogle Play ストアのアプリページが開きますので、インストール後にお楽しみください。