わたしの両さんの巻

わたしの両さんの巻

「憧れている人がいるのよ…両ちゃんっていう…」麗子は見合い相手である財閥の御曹司に、胸の内を語る。麗子の心情がわからない御曹司は、両さんと話をしても納得できず、ますます混乱して…。

※漫画は「こち亀 公式連載アプリ」をインストールすることで読むことができます。バナータップでアプリが起動します。アプリがインストールされていない場合、App StoreまたはGoogle Play ストアのアプリページが開きますので、インストール後にお楽しみください。