永遠とわ)の腕時計の巻

永遠とわ)の腕時計の巻

サーフィン島でもらったひまわりが咲き、メス犬の名前もひまわりを意味する「ソレイユ」に決定。待ち合わせで派出所にやってきた両津は、友人から貴重な時計を受け取る。そこでクロノグラフについて、両津と中川は麗子に向けて語り出す。超神田寿司で客に時計を売ろうとするが、夏春都に止められる両津。古い腕時計がないか夏春都に聞いてみると、亡くなった旦那が使っていた軍用の腕時計を渡される。金を借りてまでアメリカへ急行した両津は、軍用腕時計コレクターのところへ行き、もらった腕時計を修理していた。腕時計の中には夏春都の名前が刻まれており、両津は返すことに。そこで初めて、両津は夏春都から礼を言われるのだった。後日、ひまわりは枯れてしまうが、種を残していた。

※漫画は「こち亀 公式連載アプリ」をインストールすることで読むことができます。バナータップでアプリが起動します。アプリがインストールされていない場合、App StoreまたはGoogle Play ストアのアプリページが開きますので、インストール後にお楽しみください。