東京ターミナルの巻

東京ターミナルの巻

196X年、羽田沖。佃島で祖父・勘兵衛の営業するつくだ煮屋を手伝う両さんは、飛行機を間近で見るために豚平・珍吉と共に舟をこぎ、滑走路に忍び込む。

※漫画は「こち亀 公式連載アプリ」をインストールすることで読むことができます。バナータップでアプリが起動します。アプリがインストールされていない場合、App StoreまたはGoogle Play ストアのアプリページが開きますので、インストール後にお楽しみください。