亀有名画座物語の巻

亀有名画座物語の巻

「そうなんだ、今月限りなんだよ」両さんは、子供の頃から馴染んできた亀有名画座の閉館に立ち会う。そこへ、かつて映写技師をしていた霧雨の娘が訪れ、霧雨が亡くなったことを告げる。

※漫画は「こち亀 公式連載アプリ」をインストールすることで読むことができます。バナータップでアプリが起動します。アプリがインストールされていない場合、App StoreまたはGoogle Play ストアのアプリページが開きますので、インストール後にお楽しみください。