新聞少年勘吉の巻

新聞少年勘吉の巻

「あれは最高の思い出だな!」両さんが中川たちに、新聞配達をしていた少年期の思い出を語る。配達中に偶然出会った金髪の美少女の話をすると、中川は彼女が自分の親戚だと言いだして…?

※漫画は「こち亀 公式連載アプリ」をインストールすることで読むことができます。バナータップでアプリが起動します。アプリがインストールされていない場合、App StoreまたはGoogle Play ストアのアプリページが開きますので、インストール後にお楽しみください。